連携事業

重点課題

 当研究センターでは基礎的な研究に加え、県と連携して山梨県の防災減災・維持管理・都市環境に関わる重点課題に取り組みます。これまでの事業成果と今年度の事業計画は以下の通りです。

2018年度

水害に強い街づくり
国際観光地の防災まちづくり
道路の日常点検の効率化を図る計測システムの開発
社会基盤施設の健全度に関するクリアリングハウスの汎用化

2017年度

水害に強い街づくり
データ駆動型地域マネジメント講座
道路橋の維持管理システムの高度化
地域の発達と情報

小学校における地域の災害の歴史を踏まえた防災教育の展開
学校における実践的避難訓練普及啓発事業

2016年度

地域の発達と情報
道路橋の維持管理システムの高度化
山梨防災教育研究会
自主防災組織・活性化特別推進事業

2015年度

現場巡視システム
山梨防災教育研究会
道路橋の維持管理システムの高度化
自主防災組織・活性化特別推進事業
富士山防災へのICTの適用

2014年度

孤立対策
現場巡視システム

山梨防災教育研究会(仮称)の創設  →  山梨防災教育研究会
道路橋維持管理施策
市町村災害対応力強化支援事業
自主防災組織・活性化特別推進事業

2013年度

情報システム
災害時インフラネットワーク維持管理施策
集落の孤立化対策
防災教育
市町村災害対応力強化支援事業

2012年度

情報システム
防災教育
災害時インフラネットワーク維持施策
笹子トンネル事故の経済損失評価