甲府南高等学校SSH(スーパーサイエンスハイスクール)実験研修


山梨県立甲府南高等学校のSSH実験研修が8月31日(月)に甲府キャンパスB2号館1階学生実験室で行われました。

水谷教諭と高校生の皆さん30名が来学し、「色素増感太陽電池」を作成し、実際に作った太陽電池に光を当てて
オルゴールを鳴らしてみました。

太陽電池ができるまでの間は、髙嶋助教による「太陽電池について」の講義が行われました。

SSH実験研修開始にあたり、髙嶋助教より実験内容の説明がありました。また、実験の補助をする大学院生3名、学部4年生3名の紹介がありました。


6グループに別れ、実験作業開始です。


ここからは、いよいよ太陽電池の組み立てです。


実際に作った太陽電池に光を当てて、オルゴールを鳴らしてみました。


中央が作成した太陽電池、中央右の白い四角の物体がオルゴールです。確かにオルゴールが鳴りました。


水谷教諭(左)と髙嶋助教(右)