遺伝子改変動物作成支援部門

現在では遺伝子改変動物は生物の研究において不可欠なものとなっています。当施設では従来の方法では作ることのできなかった遺伝子改変動物の作成支援も行っています。
下に示したのはキメラマウスを介した方法です。

外来遺伝子(green fluorescent protein : GFP)を導入したES細胞(A, B)とそこから作成したキメラマウス(C,D)。このキメラマウスを交配してES細胞由来の産仔を得る。
ES細胞の寄与率が低いキメラマウスからでも、精巣内精子の顕微授精を行うことで遺伝子改変マウスが得られる可能性があります。

この他にも、ICSIトランスジェニック法や前核注入法等、また 円形精子細胞を用いた顕微授精や核移植技術など様々な 発生工学技術を駆使して、遺伝子改変動物作成を支援して います。