banner

健康科学(体力科学,応用生理学)関連

■原著論文等
1. 運動時のプリン代謝動態に関する研究−筋へのin vitroな刺激とプリン代謝−. 筑波大学体育研究科研究論文集 15: 345-350, 1993
2. The function of the purine nucleotide cycle in severe contraction of skeletal muscle. Acta Medica Hyogoensia 21 (2): 151-158, 1996
3. スポーツ医学 V. スポーツと栄養. Acta Medica Hyogoensia 22 (1):33-54, 1997
4. 夏期運動現場での鼓膜温と環境温との関係, 関西臨床スポーツ医学研究会誌 7: 53-55, 1998
5. Effects of decreased plasma glutamine concentrations on peripheral lymphocyte proliferation in rats. Eur J Appl Physiol 77 (1): 25-31, 1998
6. 運動時の骨格筋における水分量の変化がプリン代謝物質濃度に及ぼす影響. 教育医学 43 (4): 414-420, 1998
7. 疲労困憊トレーニングがラットの副腎および睾丸機能に及ぼす影響. 疲労と休養の科学 13 (1): 81-92, 1998
8. Continuous production of hypoxanthine in slow-twitch muscles contributes to exercise-induced prolonged hyperuricemia. Purine and Pyrimidine Metabolism 22 (2): 115-123, 1998
9. Adaptive changes in the thermogenesis of rats by cold acclimation and deacclimation. Jpn J Physiol 48: 505-508, 1998
10. Role of xanthine oxidase in delayed lipid peroxidation in rat liver induced by acute exhausting exercise. Eur J Appl Physiol 80 (1): 28-33, 1999
11. 低圧・低酸素環境下での間欠的全力運動トレーニングが柔道選手の有酸素的および無酸素的パフォーマンスに及ぼす影響. 武道学研究 32 (1): 70-81, 1999
12. 骨格筋中のプリン代謝調節における5'-nucleotidaseおよびAMP deaminaseの役割. 教育医学 46 (5): 1136-1141, 2001
13. 保健体育教師における高尿酸血症および痛風の実態に関する研究. 教育医学 47 (3): 250-258, 2001
14. Adaptive changes in brown adipose tissue in Wistar rats, Zucker lean and obese rats. J Therm Biol 26: 473-477, 2001
15. Zucker obese rats are sensitive to weight-reducing effect and insensitive to orexigenic effect by cold exposure. J Therm Biol 26: 479-483, 2001
16. The relation of calcaneal ultrasound bone parameter to physical activity in Japanese adult females. Osteoporosis Japan 10 (1): 99-108, 2002
17. 女子大学生の踵骨超音波計測値と体格の関係. 体力科学 52 (5): 639-646, 2003
18. The influence of VDR genotype and exercise on ultrasound parameters in young adult Japanese women. J Physiol Anthrop 23 (2): 49-55, 2004
19. The comparison between cool and warm-hot environments on lipolytic response during prolonged exercise. J Physiol Anthrop 24 (5): 535-539, 2005
20. Plasma leptin levels of elite endurance runners after heavy endurance training. J Physiol Anthrop 24 (6): 573-578, 2005
21. Decreased energy expenditure during prolonged sub-maximal exercise in a warm environment. Eur J Sport Sci 5 (4): 153-158, 2005
22. 女子大学生における2年間の骨量変化に対する体格・生活習慣因子の影響. 体力科学 55 (3): 331-340, 2006
23. スポーツと体温. スポーツと健康と臨床検査. 臨床病理レビュー 137: 110-116, 2006
24. 急性運動負荷に伴う尿中酸化ストレスマーカーの変動に対する水素溶解アルカリイオン水の飲用効果. アンチエイジング医学 4 (1): 117-122, 2008
25. Oxidative stress stimulates skeletal muscle glucose uptake through A phosphatidylinositol-3-kinase-dependent pathway. Am J Physiol Endocrinol Metab 294: E889-E897, 2008
26. Effects of glutathione depletion on hypoxia-induced erythropoietin production in rats. J Physiol Anthrop 28 (5): 211-215, 2009
27. 柔道における持久力および筋力トレーニングとしての打ち込みの効果:運動生理・生化学的観点からの検討. 武道学研究 42 (2): 1-9, 2009
28. 急性低酸素曝露に対する生体応答-Heme oxygenase-1 mRNA発現レベルと血中ビリルビン濃度の変化による検討-.体力科学 59 (1): 157-166, 2010
29. 中高年のボディイメージと運動習慣.体育の科学 61 (5): 332-337, 2011
30. Effect of molecular hydrogen saturated alkaline electrolyzed water on disuse muscle atrophy in gastrocnemius muscle.J Physiol Anthrop 30 (5): 195-201, 2011
31. Effect of educational intervention using the Internet on quantitative ultrasound parameters in prevention of osteoporosis: a randomized controlled trial in young Japanese women. Int J Women Health 3: 1-8, 2011
32. 高強度運動時における抗酸化物質投与が海馬脳由来神経栄養因子 (BDNF) 発現に及ぼす影響.体力科学 61 (1): 111-118, 2012
33. わが国の肥満傾向児と痩身傾向児の出現率に対する年齢ー時代ーコホート効果(1977-2006年)と2007-2016年の出現率の推計.公衆衛生学雑誌 60 (6): 356-369, 2013
34. Simple Strategy to Prevent Severe Head Trauma in Judo - Biomechanical Analysis -. Neurologia medico-chirurgica 53 (9): 580-584 , 2013
35. Exercise-induced oxidative stress: A tool for "hormesis" and "adaptive response". J Phys Fitness Sports Med 3 (1): 115-120, 2014
36.Rotational acceleration during head impact resulting from different judo throwing techniques. Neurol Med Chir 54: 374-378, 2014
37. High-intensity exercise causes greater irisin response compared with low-intensity exercise under similar energy consumption. Tohoku J Exp Med 233: 135-140, 2014
38. Biomechanical analysis of acute subdural hematoma resulting from judo. Biomed Res 35 (5): 339-344, 2014
39. 肌状態に及ぼす運動トレーニングの影響.アンチエイジング医学 11 (3): 108-115, 2015
40. Intravenous infusion of H2-saline suppresses oxidative stress and elevates antioxidant potential in Thoroughbred horses after racing exercise. Sci Rep 5, doi: 10.1038/srep15514, 2015
41. Reduction in cerebral oxygenation afterprolonged exercise in hypoxia is related to changes in blood pressure. Adv Exp Med Biol 876: 95-100. doi:10.1007/978-1-4939-3023-4_12, 2016
42. Effect of progressive normobaric hypoxia on dynamic cerebral autoregulation. Exp Physiol, doi: 10.1113/EP085789, 2016
43. Reference range of blood biomarker for oxidative stress in Thoroughbreds. J Equine Sci 27 (3): 125-129, 2016
44.Cognitive function and cerebral oxygenation during prolonged exercise under hypoxia in healthy young males. High Alt Med Bio 17 (3): 214-221, 2016
45. 低酸素環境での運動と酸化ストレス.体育の科学 66 (12): 881-885, 2016
46. Muscle oxygenation profiles between active and inactive muscles with nitrate supplementation under hypoxic exercise. Physiol Rep 5 (20), doi:10.14814/phy2.13475, 2017
47. Caloric restriction suppresses exercise-induced hippocampal BDNF expression in young male rats. J Phys. Fitness and Sports Med 7 (4): 239-245, 2018
48. Impact of resistance exercise under hypoxia on postexercise hemodynamics in healthy young males. Int J Hypertens, doi: 10.1155/2018/1456972, 2018,

■著書等
1. 日本YMCAフィットネスインストラクター教本. 運動処方作成に際しての基本的考え方. 日本YMCA同盟出版部, 東京: 227-233, 1995
2. Body Temperature and Metabolism. Influence ofenvironmental temperature on blood constituents of men during prolonged exercise. IPEC, Tokyo: 121-124, 1995
3. The Nagano Symposium on Sports Science. Immune function and the possible role of glutamine in the overtraining state, induced by longitudinal prolonged exercise. Cooper Publishing Group, Carmel, IN: 532-536, 1998
4. Recent Advances in Physiological Anthropology. Influence of short-term electrical stimulation on purine metabolism in rat skeletal muscle. Kyushu University Press, Fukuoka : 359-367, 1999
5. 生活健康科学(共著). 三共出版, 東京, 2004
6. 内臓脂肪がなくなる筋力トレーニングBOOK. 成美堂出版, 東京, 2007
7. 新版生活健康科学(共著). 三共出版, 東京, 2010
8. 健康ストレッチ&エクササイズ. 大泉書店, 東京, 2010
9. からだ改善エクササイズ,成美堂出版, 東京, 2013
10. 運動生理学 生理学の基礎から疾病予防まで,三共出版,東京,2013
11. 寝たきりになりたくないなら5秒でいいから筋トレしなさい,KADOKAWA,東京,2015
12. ゆるスクワットの教科書,主婦の友社,東京,2018

■紀要等
1. 大学陸上選手の合宿前後の疲労指標の変化. 京都産業大学現代体育研究所紀要 7: 9-17, 1998
2. 寒冷曝露と細胞性免疫機能―急性寒冷刺激が生理的応答に及ぼす影響―. 山梨大学教育人間科学部紀要 1(1): 63-70, 1999
3. 寒冷馴化ラットの肝内酵素活性および細胞性免疫機能. 山梨大学教育人間科学部紀要 1 (2): 57-63, 2000
4. 長時間運動時のアミノ酸代謝動態. 山梨大学教育人間科学部紀要 2 (1): 87-92, 2000
5. 半身浴が生体に及ぼす影響. 職業能力開発総合大学校紀要 33B: 49-53, 2004
6. 男性中高年ボディイメージに関する研究 -運動習慣を予測するボディイメージ関連要因の検討-. 日本大学工学部紀要 55 (1): 13-19, 2013

■報告書等
1. 運動に伴う酸化的ストレスに対する抗酸化物質の影響. 山梨大学地域共同開発研究センター研究成果報告書 8号: 44-48, 2000
2. スポーツ活動の習慣化,およびワイン含有ポリフェノールの日常的摂取は生体内抗酸化能を高めるか?第11回テレビ山梨サイエンス振興基金研究報告書: 33-36, 2001
3. 運動と酸化的DNA損傷の回避機構の関係. 上原記念生命科学財団研究報告集 19: 101-102, 2005

■解説
1. 成長期の子供におけるスポーツの肉体的メリット. 日本医事新報 3870: 95-96, 1998


柔道関連

■原著論文等
1. 大学柔道選手における体幹筋(腹筋・背筋)の等速性筋力について. 柔道 67 (10): 82-87, 1996
2. 高校柔道選手における体幹筋(腹筋・背筋)の等速性筋力について. 柔道 68 (5): 94-98, 1997
3. 柔道選手において6RMハイクリーン・トレーニングを実施した場合の最大筋力推定法についての検討. 教育医学 43 (4): 405-413, 1998
4. 柔道選手において6RMベンチプレス・トレーニングを実施した場合の最大筋力推定法についての検討. 武道学研究 36 (2): 1-12, 2003
5. 小学生の骨量に関連する生活習慣因子の探索−柔道経験にも着目して−. 柔道 75 (9): 86-91, 2004
6. 柔道と頭部外傷 「武道必修化」と「柔道事故」の混乱. 日本医事新報 4613: 25-29, 2012
7. 「武道必修化」に際して何を注意すべきか?教育と医学 61 (6): 49-59, 2013
8. 柔道の衝撃と傷害.体育の科学 64: 632-638, 2014

■著書等
1. 柔道大辞典, アテネ書房, 東京: 227-233, 1999
2. 柔道 強くなるためのQ&A. 不昧堂出版, 東京: 24-25, 32-33, 2000
3. 女子柔道論. 創文企画, 東京: 159-173, 2006
4. ジュニア選手育成のための柔道コーチング論. 道和書院, 東京: 115-136, 2008
5. 公認柔道指導者養成テキスト : C指導員. 全日本柔道連盟, 東京: 44-47, 2015
6. 公認柔道指導者養成テキスト : B指導員. 全日本柔道連盟, 東京: 6-18, 24-29, 82-91, 2015
7. 公認柔道指導者養成テキスト : A指導員. 全日本柔道連盟, 東京: 30-34, 73-84, 206-207, 2016

■紀要等
1. 柔道選手の筋パワー養成のためのトレーニング処方確立に関する基礎研究−Isokinetic理論に基づく柔道選手の筋力トレーニングに関する文献的考察−. 柔道科学研究 4: 1-6, 1997
2. 柔道選手のパワー養成のためのトレーニング処方確立に関する基礎研究−等速性筋力からみた柔道選手の筋力特性について−. 講道館柔道科学研究会紀要 8: 71-100, 1999
3. 一流高校柔道選手のコンディショニ ングの実態−トレーニング期別による形態的,血液生化学的パラメーターの変動による検討−. 講道館柔道科学研究会紀要 9: 119-125, 2002
4. 柔道選手の等速性体幹筋パワー出力特性. 講道館柔道科学研究会紀要9: 126-135, 2002.
5. 柔道選手の体力測定法に関する研究−全日本男子強化選手に実施した新測定項目について−. 柔道科学研究 7: 12-23, 2002
6. 全国中学校柔道大会出場選手の体力について−2000年〜2002年の体力測定結果から−. 柔道科学研究 9: 20-29, 2004
7. ドイツ柔道連盟選手強化プロジェクトに関する視察報告−ビデオアナリスト(Dr. Hans-Dieter HEINISCH et al.)との交流を通して−. 柔道科学研究 9: 30-36, 2004
8. 青少年期の柔道経験が骨量変化に及ぼす影響(大規模横断研究プロジェクト). 講道館柔道科学研究会紀要10: 1-6, 2005
9. 誰にでもわかる「体力のはなし」柔道と乳酸. 柔道科学研究 10: 23-25, 2005
10. 全日本男子強化選手の体力測定結果の推移について(2003〜2005年). 柔道科学研究 11: 1-5, 2006
11. 誰にでもわかる「体力のはなし」柔道と高地トレーニング. 柔道科学研究 11: 47-50, 2006
12. 全日本女子強化選手の体力測定結果の検討(2002〜2006年度).柔道科学研究12:1-6,2007
13. 誰にでもわかる「体力のはなし」柔道と筋力(筋肉の量と質). 柔道科学研究 12: 27-29, 2007
14. 全国少年柔道大会男子出場選手の体力特性.柔道科学研究 16: 6-11, 2011

■報告書等
1. I競技レベル別にみた柔道競技者の体幹捻転力特性.II柔道選手へのテーマを利用したイメージトレーニングの実践例. 平成8年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告No.II競技種目別競技力向上に関する研究 -第20報-, 177-188, 1997
2. I一流女子柔道選手の栄養サポート.II女子柔道選手における体幹屈曲筋力の重要性. 平成9年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告No.II競技種目別競技力向上に関する研究 -第21報-, 167-182, 1998
3. I柔道選手の下肢運動能力を把握するための専門的フィールドテストの検討.II一流女子柔道選手における体幹屈曲筋力・体幹伸展筋力の重要性. 平成10年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告No.II競技種目別競技力向上に関する研究-第22報-, 69-79, 1999
4. 嘉納治五郎杯国際柔道大会. 柔道 70 (2): 20-28, 1999
5. II一流中学柔道選手の形態及び機能特性.II一流女子柔道選手における体幹捻転力の特性. 平成11年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告No.II競技種目別競技力向上に関する研究-第23報-, 89-101, 2000
6. 欧州柔道選手権大会視察報, 柔道 71 (7): 74-77, 2000
7. シドニーオリンピック柔道競技, 柔道 71 (11): 5-18, 2000


受賞歴

日本痛風・核酸代謝学会 平成11年度研究奨励賞(学会誌優秀論文賞)
山梨大学 平成20年度優秀教員奨励制度 特別教育研究経費
山梨大学 平成24年度優秀教員奨励制度 特別教育研究経費
日本体力医学会賞(第26回,平成25年度)
山梨大学 平成28年度優秀教員奨励制度  特別報奨


研究助成,共同研究,学内競争的資金など

平成11年度 (財)山梨21世紀産業開発機構との共同研究
平成12年度 テレビ山梨サイエンス振興基金研究助成
平成13年度 (財)日本科学協会 笹川科学研究助成
平成15-17年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B(代表)
平成15-17年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C(分担)
平成15年度 山梨大学医工学連携研究プロジェクト研究助成
平成15年度 上原記念生命科学財団 研究奨励金
平成16年度 (財)日本科学協会 海外発表促進助成
平成16年度 山梨大学戦略的プロジェクト 在外研究員派遣プロジェクト
平成17年度 松下電工株式会社との共同研究
平成17年度 山梨大学戦略的プロジェクト 研究プロジェクト(萌芽研究)
平成17年度 山梨大学戦略的プロジェクト 研究プロジェクト(若手研究)
平成18-20年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B(代表)
平成18-22年度 山梨県立環境科学研究所 プロジェクト研究
平成18年度 松下電工株式会社との共同研究
平成18年度 株式会社シャトレーゼとの共同研究
平成18年度 山梨大学戦略的プロジェクト 研究プロジェクト(若手研究)
平成18年度 山梨大学戦略的プロジェクト 研究プロジェクト(融合研究*2)

平成19年度 松下電工株式会社との共同研究
平成19年度 カシオ科学振興財団 研究助成
平成19年度 山梨大学戦略的プロジェクト 研究プロジェクト(融合研究*2)
平成20年度 (有)トータルらいふけあ,(株)スポーツフォーラムシーマックス,(株)REACHとの共同研究
平成20年度 山梨大学戦略的プロジェクト 研究プロジェクト(融合研究*2)

平成20年度 松下電工株式会社との共同研究
平成20年度 (財)みずがき山ふるさと振興財団との共同研究
平成20-22年度 山梨県総合理工学研究機構 課題研究
平成21年度 株式会社伝光社との共同研究
平成21-23年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C(分担)
平成21年度 (財)日本機能水研究振興財団・パナソニック電工株式会社との共同研究
平成21年度 山梨大学戦略的プロジェクト 研究プロジェクト(融合研究,基盤研究)

平成22-24年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C(代表)
平成22年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C(分担)
平成22年度 山梨大学戦略的プロジェクト 研究プロジェクト(融合研究,基盤研究)
平成22年度 (財)日本機能水研究振興財団・パナソニック電工株式会社との共同研究
平成23年度 山梨大学戦略的プロジェクト 研究プロジェクト(融合研究)
平成23年度 (財)日本機能水研究振興財団・パナソニック電工株式会社との共同研究
平成25-27年度 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究C(代表)
平成25-27年度 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究C(分担)
平成25-27年度 富士山科学研究所(山梨県環境科学研究所)との共同研究
平成25年度 (株)エコモインターナショナルとの共同研究
平成25年度 (株)クラシエホームプロダクツ株式会社ビューティケア研究所との共同研究
平成25年度 (株)クロスブレイスとの共同研究
平成25年度 (株)スポーツフォーラムシーマックスとの共同研究
平成26年度 (一財)機能水研究振興財団 研究助成
平成27年度 山梨大学戦略的プロジェクト 研究プロジェクト(基盤研究)
平成27年度 (一財)機能水研究振興財団 研究助成
平成28-30年度 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究C(分担)
平成28年度 山梨大学地域振興研究プロジェクト
平成28年度 有限会社きこりたちとの共同研究

平成28-29年度 パナソニック電工株式会社との共同研究
平成28年度 (一財)機能水研究振興財団 研究助成

平成29-31年度 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究C(代表)
平成29年度 株式会社ヘリックスジャパンとの共同研究
平成29年度 (一財)機能水研究振興財団 研究助成
平成30年度 山梨大学地域振興研究プロジェクト