AX

経 歴

氏  名  秦 康範(はだ やすのり)
専  門  地域防災、社会安全システム、災害情報、観光防災
生年月日  1972年9月6日
血液型   B型
出身地   兵庫県尼崎市
趣 味   トレッキング、旅行、ドライブ
秦2017.jpg


学 歴

* 1995年3月 大阪大学工学部精密工学科卒業
* 1999年3月 東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学専攻修士課程修了
* 2002年3月 東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学専攻博士課程修了、博士(工学)


職 歴

* 1995年4月〜1996年5月 株式会社日本総合研究所
* 2002年4月〜2005年1月 財団法人阪神・淡路大震災記念協会 人と防災未来センター 専任研究員
* 2004年9月〜2005年1月 流通科学大学 非常勤講師
* 2005年2月〜 2007年3月 独立行政法人防災科学技術研究所 川崎ラボラトリー 研究員
* 2007年4月 東京大学生産技術研究所 目黒研究室 研究員
* 2007年7月 東京大学生産技術研究所 目黒研究室 産学官連携研究員
* 2008年10月 山梨大学大学院医学工学総合研究部社会システム工学系 特任准教授
* 2009年1月 山梨大学大学院医学工学総合研究部社会システム工学系 助教
* 2009年12月 山梨大学大学院医学工学総合研究部社会システム工学系 准教授
* 2010年11月 静岡大学客員准教授(現在に至る)
* 2014年10月 山梨大学大学院総合研究部(工学域・土木環境工学系) 准教授(現在に至る)

所 属 学 会

地域安全学会 日本災害情報学会 土木学会 日本地震工学会、日本観光研究学会

研 究 業 績

外 部 資 金
研究代表者のみ
* 科研費基盤研究(C),平成30~32年度,「緊急地震速報システムを活用した抜き打ち型避難訓練の防災に留まらない効果測定」,研究代表者
* 科研費基盤研究(B),平成27~29年度,「震災時の避難行動モデルに基づくビッグデータ解析技術の構築」,研究代表者
* 科研費挑戦的萌芽,平成25~26年度,「東日本大震災における課題構造の解明と実効性の高い順応的管理の体系化」,研究代表者
* 砂防・地すべり技術センター研究開発助成,平成25年度,「土砂災害警戒区域と土砂災害警戒情報に着目した土砂災害リスクの定量的評価」,研究代表者
* 科研費若手研究(B),平成22~23年度,「地震災害時の走行車情報を用いた道路被害推定システムの構築」,研究代表者
* 科研費若手研究(B),平成19~20年度,「危機対応図上訓練シミュレーターの開発」,研究代表者
* 科研費若手研究(B),平成16~17年度,「防災関係機関のための電力供給量情報を利用したリアルタイム地震防災システムの開発」,研究代表者

社 会 活 動

学会関連
現在就任中
* 地域安全学会「学術委員会」委員長(2019年度~) ※2009年度から学術委員会委員
* 地域安全学会 理事(平成26年度~) 
* 日本災害情報学会「編集委員会」幹事(平成27年度~)  ※2011年度から編集委員会委員
* 日本災害情報学会「企画委員会」委員(平成21年度~) 

過去実績
* 土木学会地震工学委員会「突発災害時における避難誘導に関する調査研究小委員会」委員(平成24年1月~平成26年1月)
* 土木学会地震工学委員会「ライフラインの地震時相互連関を考慮した都市機能防護戦略に関する研究小委員会」委員(平成23年度~平成25年度)
* 日本災害情報学会「編集委員会」委員(平成23年度~平成26年度) 
* 地域安全学会「学術委員会」委員(平成21年度~平成28年度) 
* 日本災害情報学会「将来ビジョン検討小委員会」委員(平成20年度~21年度) 
* 土木学会地震工学委員会「相互連関を考慮したライフライン減災対策に関する研究小委員会」委員(平成20年度~平成22年度)
* 日本地震工学会「脆弱建造物の改修と人口集積地域の地震防災対策推進とその方策に関する研究委員会」委員(平成16年度~平成17年度)
* 地域安全学会「人材育成システム・住民分科会」分科会長(平成15年度~平成17年度)
* 土木学会「巨大地震への対応検討特別委員会・大都市圏の地震防災性向上の方策の提言」幹事(平成15年度~平成17年度)
* 日本都市計画学会「防災復興研究委員会」委員(平成11年度~平成15年度)

委員会
現在就任中
*内閣府「中央防災会議「防災対策実行会議」 大規模噴火時の広域降灰対策検討ワーキンググループ」委員(平成30年度~)
*内閣官房情報セキュリティセンター「分野横断的演習検討会」委員(平成21年度~)
*長野県「御嶽山噴火災害対応記録集検討委員会」委員(平成30年度~)
*長野県防災会議委員(平成24年度~)
*長野県木曽地域振興局「御嶽山火山マイスター認定審査委員会」委員(平成30年度~)
*一般財団法人国土技術研究センター「河川研究会」委員(平成29年度~)

過去実績
*内閣府「要配慮者利⽤施設避難確保計画モデル事業」委員(平成30年度)
*長野県「長野県広域受援計画検討委員会」委員長(平成30年度)
*甲府市教育委員会,山梨県立山梨高校 学校防災アドバイザー(平成30年度)
*内閣府「大規模地震時の電気火災の発生抑制に関する検討会」委員(平成29年度)
*長野県「長野県広域受援計画基本構想検討委員会」委員長(平成29年度)
*長野県「御嶽山火山マイスター検討会議」委員(平成29年度)
*甲州市教育委員会,中央市教育委員会 学校防災アドバイザー(平成29年度)
*特定非営利活動法人リアルタイム地震・防災情報利用協議会「高機能感震ブレーカ実証実験委員会」委員(平成28年度~平成29年度)
*内閣府「延焼のおそれのある密集市街地の整理等に関する検討会」委員(平成28年度)
*(公財)廃棄物・3R研究財団「災害廃棄物対策に係る研修設計ガイド作成検討会」委員(平成28年度)
*山梨県立富士北陵高校「実践的防災教育推進事業」実践委員(平成28年度)
*長野県「火山防災のあり方検討会」副座長(平成28年度)
*甲府市教育委員会,富士川町教育委員会 学校防災アドバイザー(平成28年度)
* 国土交通省千曲川河川事務所「千曲川・犀川流域を対象としたタイムライン検討会委員」委員(平成27年度~平成28年度)
* 損害保険料率算出機構「災害科学研究会火災部会」委員(平成27年度~平成28年度)
* 神奈川県「地震防災戦略策定検討委員会」委員(平成27年度~平成28年度)
* 甲斐市教育委員会 学校防災アドバイザー(平成27年度)
* 内閣府「大規模地震時の電気火災の発生抑制に関する検討会」委員(平成26年度)
* 東京消防庁「地震火災時における消防力を考慮した被害軽減対策に関する調査研究委員会:委員(平成26年度)
* 昭和町教育委員会,山梨市教育委員会 学校防災アドバイザー(平成26年度)
* 神奈川県地震被害想定調査委員会委員(平成25年度~平成26年度)
* 第3次「長野県地震被害想定策定検討委員会」委員(平成25年度~平成26年度)
* 山梨県総合評価委員会委員(平成25年度~)
* 忍野村教育委員会,身延町教育委員会 学校防災アドバイザー(平成25年度)
* 山梨県教育委員会 防災教室 講師(平成24年度~平成26年度)
* 甲府市教育委員会,道志村教育委員会 学校防災アドバイザー(平成24年度)
* 公共情報コモンズ運営諮問委員会(平成23年度~平成25年度)
* 内閣官房情報セキュリティセンター「共通脅威分析及び分野横断的演習検討会」委員(平成21年度~)
* 総務省消防庁「図上型防災訓練マニュアル研究会」委員(平成16年度~平成23年度)
* 神奈川県「神奈川県地震被害想定調査委員会」委員(平成19年度~平成20年度)
* 内閣官房情報セキュリティセンター「重要インフラ 相互依存性解析検討会」委員(平成19年度~平成20年度)
* 消防庁消防大学校「消防大学校における図上訓練のあり方検討委員会」専門委員(平成18年度)
* 国土技術政策総合研究所「都市空間における動線解析プラットフォーム研究会」委員(平成18年度~平成19年度)
* 内閣官房情報セキュリティセンター「重要インフラ 分野横断的演習検討会」委員(平成18年度~平成20年度)
* 特定非営利活動法人リアルタイム地震情報利用協議会「緊急地震速報伝達方法(人向け)検討ワーキンググループ」委員(平成16年度~平成18年度)
* 全国石油商業組合連合会「災害対応型給油所検討委員会」委員(平成16年度~平成17年度)
* 兵庫県「東南海・南海地震対策検討会」委員(平成16年度)
* 兵庫県中播磨県民局「中播磨地域津波対策連絡会議」顧問(平成16年度)
* 内閣府「災害教訓の継承に関する専門調査会小委員会・長崎豪雨分科会」委員(平成15年度~平成16年度)
* 特定非営利活動法人リアルタイム地震情報利用協議会「ラジオ(FM)対応ワーキンググループ」委員(平成15年度)

NPO・その他
一般社団法人フェーズフリー協会 理事(2018.12-)
若手防災研究者の会 会長(2007.12-2010.8)
特定非営利活動法人防災推進機構 理事(2007.6−)
人と防災未来センター リサーチフェロー(2005.2−)

受 賞 歴
日本災害情報学会廣井賞(学術的功績分野)(2018.10)
内閣府防災功労者防災担当大臣表彰(2017.9.12)
山梨科学アカデミー奨励賞(2014.5)
日本災害情報学会廣井賞(社会的功績分野)(2012.10)
人工知能学会現場イノベーション賞 2011年度銀賞(2012.6)
地域安全学会論文奨励賞(2004.11)