【映画】セッション

同じ監督のLa La Landという新作がとても話題になっているため,そちらの前にまずはと思い観てみました.音楽学校の教師役を務めるJ.K.シモンズの演技がなかなか強烈でした.

 

分野の一人者である師匠の(行き過ぎとも思われる)指導で弟子集団の感覚が麻痺していく様子は,先日ドラマにもなった「赤メダカ」で書かれた,立川談志一門の落語の修行の様子を思い出しました.芸道を極めるという点で,共通しているのかもしれません.

2017年02月22日|ブログのカテゴリー:映画評