トップページ

 このプロジェクト(代表機関:山梨大学)は、モモの検疫検査及び箱詰め作業等の自動化による作業負担と人件費の軽減の研究のため、平成27年度補正予算で措置された「革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)」に応募し、採択された実証研究です。


モモシンクイガ被害果検査システムPV(YouTubeにて公開) BGMが再生されます




2018年6月11日(月)
山梨県果樹試験場から幼虫が食入したモモの幼果を提供していただきました。
2018年6月6日(水)
研究代表者小谷教授がマイナビ編集部の取材を受けました。「若き研究・開発者への伝言」に掲載予定です。
2018年5月31日(木)
研究代表者小谷教授が山梨県果樹試験場圃場を見学しました
2018年5月29日(火)
山梨県果樹試験場から産卵幼果を提供していただきました。
2018年5月25日(金)
大分大学大城教授がモモの検査システムの見学に来ました。