山梨大学 圧電フロンティア研究ユニット

 本学では1950年代に人工水晶の合成に日本で初めて成功して以来、圧電材料に関する研究が盛んに行われています。最近では応用化学科の和田教授を研究代表者とする元素戦略プロジェクト(研究課題名:圧電フロンティア開拓のためのバリウム系新規巨大圧電材料の創生)が2008~2012年の5年間実施されました。この研究プロジェクトでは非鉛圧電体の開発を目指してドメインエンジニアリングという新しい概念を創出しました。
 この研究プロジェクトを基盤として、アクチュエーター応用 (石井教授)、弾性波デバイス応用 (垣尾教授)および圧電単結晶育成 (田中教授)の研究と有機的な研究ユニットを形成することにより圧電体の材料開発からアクチュエーター、弾性波デバイスおよびMEMS等への応用までの研究拠点を構築することを目指しています。

piezo_unit_organization

トピックス

講演会の共催(第8回クリスタル科学セミナー)

日時
2020年1月8日(水) 15:30~17:15
場所
山梨大学 クリスタル科学研究センター4階セミナー室

    15:30〜16:15  講演

講師
(株)コイケ 技術営業部 若林 剛 様
演題
SAWデバイス用LT/LN基板の製造技術と5Gに向けた課題
概要
携帯電話等に幅広く使われているLiTaO3(LT)結晶やLiNbO3 (LN)結晶の製造から今後の展開について山梨県内企業の株式会社コイケの若林剛氏より講演して頂きます。

    16:15〜17:15  (株)コイケによる個別企業セミナー・懇談会

概要
同社人事担当の方も交えて進路や就職に関して意見交換を行いますので、学部3, 4年生や修士1年生の参加をお待ちしています。

過去のトピックス